「試合になると力が出せない人」はメンタルが弱いからじゃない

試合になると力が出せない人はメンタルが弱いからじゃない

試合、本番になると「練習通りの力が出せない…普段と全然違ってしまう…」そんな悩みを抱えてませんか?

試合になると力が出せないのはメンタルが弱いからじゃない

試合本番で力が出せないのはメンタルが弱いからではない

年間で100回以上アスリートとマンツーマンのメンタルコーチングを行っています。
その他にも、チームサポートやセミナーなどで様々な競技のアスリートと話す機会があります。

その経験の中で、多くのアスリートは、

  • 試合になると緊張してしまう
  • 試合本番になると練習通りプレーできない

そんな悩みを抱えていることに痛感させられてます。

実際に、私がサポートしている選手でも9割以上が
「本番への苦手意識」がキッカケがコーチングを受けるキッカケになっています。

そしてその悩みの原因を「メンタルが弱いから」の一言で片付けてしまう…。

もしくは、監督やコーチに「お前はメンタルが弱い」と言われ続けてきたからこそ
「自分はメンタルが弱いんだ…」と思っている選手もいます。

私自身、現役時代は本番に弱く、「試合で力を発揮できない選手」でした。

  • いつも通りできない
  • 試合になるとミスが増える
  • 自分のミスでチームが負ける

そんな現役生活を過ごした経験があります。

「なんて自分はメンタルの弱い人間なんだ」と本当に悩みました。

しかしアスリートのメンタルを支えている今だからこそ、
過去を振り返ってみると、当時の私はメンタルが弱いから試合で力を発揮できなかったのか?と考えると疑問です

そしてそれは実際に現場でアスリートのメンタルをサポートしていても同じだと感じています。

そこで今回は、「試合になると力が出せないのはメンタルが弱いからじゃない理由」をお伝えしていきます。

試合になると力を出せないのは「試合へのイメージ」が悪いから

これが今回の結論になります。

  • 試合になると力を出せない
  • 特定の状況でいつも通りにプレーできなくなる
  • 特定の人物の前だと過度に緊張してしまう

これは、その特定のものへのイメージが悪いことが原因である可能性が高いです。

試合になると力を発揮できないのは、試合へのイメージが悪い可能性があるということです。

ではどうしてイメージが悪いのか?
それは「過去の記憶・経験」に理由があります。

生まれた瞬間から試合へのイメージが悪い赤ちゃんはいるのか?

…もちろんいないですよね笑

つまり、試合へのイメージが悪くなるキッカケがあったということなんです。

  • 大事な試合でミスした時にみんなの前で監督に激怒された
  • 過去に自分のミスでチームが負けてしまった

このような「過去の記憶・経験」によって、イメージが作られています。

そして、これら「記憶・経験」は、「感情とセット」になっています。

なので過去と似たような状況になった時、
過去に感じた「強烈な感情」も一緒に思い出されます。

だからこそ、
試合本番になった時にまだ何か起きたわけでもないのに、

  • 不安を感じてしまう
  • 体がこわばって上手く動けなくなる
  • 嫌な汗をかく

そんな状態で、ベストパフォーマンスは発揮できるでしょうか…?

つまり、これまでの内容を要約すると、

試合で力が発揮できないのは、

過去の経験がキッカケで、
試合に対して悪いイメージトレーニングを繰り返しているからなんです。

「試合」に対するイメージを確認する方法

実際に「試合・本番」に対して、
自分がどんなイメージを持っているのかを具体的に確認する方法があります。

とてもシンプルな方法で、
私もアスリートとのメンタルコーチングにも使っている方法です。

それを今回は特別にお伝えしたいと思います。

試合へのイメージを具体的に確認するための方法

この「2つの質問」を自分自身に問いかけるだけです。
この質問によって、感じたイメージこそが「今の自分の試合へのイメージ」になります。

第三者から質問してもらうと、さらに効果的です。
(自分を客観視しようとしても、どうしても主観が入ってしまうため)

「メンタルが弱い」は抽象的で基準がない

多くのアスリートは、

「本番で力が発揮できないのは自分のメンタルが弱いから…」

このように思ってます。

もしくは監督やコーチなど指導者から

「お前はメンタルが弱いんだ」
「メンタルの弱さが改善すればな…!」

そのように言われ続けたからかもしれません。

しかし「メンタルが弱い」って具体的に、

  • 何が
  • どのくらい

弱いと、「メンタルが弱い」と判断できるのでしょうか?

何を基準に「メンタルが強い・弱い」と判断できるのでしょうか。

…そうなんです。
多くの人がなんとなく「メンタルが弱い」という言葉を使ってるんです。

この記事を読んでくれているあなたも、
もしかすると自分のことを「メンタルが弱い」と思っているかもしれません。

しかし、メンタルが弱いわけじゃないんです。

「試合で力が発揮できない」という課題を抱えているのであって、
「メンタルが弱いわけではない」ということなんです。

多くの人が、

  • 本番で力が発揮できない
  • 緊張してしまう
  • ミスを引きずる

このような「具体的な状態」を、
「メンタルが弱い」の一言で表現してしまっているわけです。

これを繰り返すということは、
「メンタルが弱い」と自分に言い聞かせ続けるようなものです。

もし「メンタルが弱い」と言い聞かせられてたら、どうなってしまうでしょうか?

だからこそ、「メンタルが弱い」を細分化して理解すること。

それはつまり、まずは「自分を知ること」が大切になってきます。

「試合になると力が出せない」というイメージは変えていける

試合で力が出せないというイメージは変えていける

試合で力が出せないのは、メンタルが弱いからではなく「試合へのイメージが悪い可能性がある

ということをこれまでにお伝えしてきました。

では、これは変えられないものなのか?

そんなことはありません。
イメージは必ず変えていくことができます。

イメージというのは潜在意識が大きく関わっています。
主観が入ってしまうからこそ、自分をいきなり客観視するのは簡単ではありません。

だからこそ、「まずは自分を知ること」

自分の中にある「メンタルが弱い」を細分化して理解するところから始めてみて下さい^^

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!