あなたが自分に「自信がない」と思っている3つの原因とは?

2019年3月20日

あなたが自分に自信がないと思っている3つの原因を解説

自分に自信がない…どうして自信がないんだろう…?

こんな悩みを解決に導きます。

💡この記事の内容☟

  • 自分に自信がないと思っている3つの原因を解説
  • 自分に自信がないと思うことの正体

この記事を読んでいるということはあなたは自分に「自信がない」と多少なりとも感じていることでしょう。

僕自身、中学生の頃までいじめられ、「自分なんか何もできない人間なんだ」と思い込んでいました。

自分に自信がないって苦しいですよね。

この記事を読むことで、その苦しさから抜け出すキッカケが掴めるかもしれません。

本業がメンタルコーチの僕はこのサイトやTwitter(@senaka_push)でも「栄養×運動×メンタルでQOLを高める」をテーマに情報を日々発信しています。

この記事は5分もあれば読み終わるので、もし今あなたが

自信がない自分を変えたい…

と少しでも思っているのなら、ぜひ最後まで記事を読んでみてください。

自分の自信のなさの原因に近付くことで今まで気付かなかったことに気付けるかもしれません。

自分に自信がないと思っている3つの原因

自分に自信がないと思っている3つの原因を解説していきます。

結論から言うと、3つの原因はこちらです。

  • 自分には価値がないと思っている
  • 自分にはできないと思っている
  • 正解を選ばなければいけないと思っている

この3つをわかりやすく解説していきますので、どうぞご覧ください。

自分には価値がないと思っている

自分に自信がないと思う原因の1つとして、「自分には価値がないと思っている」です。

自分には価値がないと思っていると…

  • 自分の存在を肯定できない
  • 自分の行うことに価値を見出せない
  • 自分を過小評価しすぎる

このような行動に出てしまいます。

特に「自分を過小評価する」ことをセルフハンディキャップといいます。

セルフハンディキャップを行う人は自分自身の手でパフォーマンスを低下させてしまいます。

自分にはできないと思っている

自分に自信がないと思う原因の2つ目は、「自分にはできないと思っている」です。

自分にはできないと思っていると…

  • 新しいことに挑戦しようと思えなくなる
  • まず失敗するイメージが常につきまとう
  • 失敗することが怖くなる

このような行動に出てしまいます。

本当はアレもやりたいし、コレが好きなんだ!

と思っていても、「自分にはできない」と思っているので挑戦できません。

なので、人生の充実感や幸福感がかなり低くなってしまいます。

正解を選ばなければいけないと思っている

自分に自信がないと思う原因の3つ目は、「正解を選ばなければいけないと思っている」です。

正解を選ばなければいけないと思っていると…

  • 自分の意思とは反する選択をしてしまう
  • 正解がない物事に対して決断できなくなる
  • 間違えることは悪だと思ってしまう

このような行動に出てしまいます。

こっちが正解なのか?それともこっちなのか…?

このように全ての物事に対して正解を求めますが、考え方や価値観といった「正解」がない物事に対して判断をつけることができないので、自分の首を自分で締めることになってしまいます。

自信がないと思っている原因=セルフイメージ

これまで自分に自信がないと思っている原因を説明してきました。

この自信がない原因の正体は、あなたのセルフイメージ(思い込み)なのです。

人は誰しも、セルフイメージを持っています。

そしてセルフイメージ通りの行動をしてしまいます。

つまり、どんなに自信をつけようとしても「自信がないセルフイメージ」を持っていればいつまでたっても自信がないままです。

自分の自信のなさとセルフイメージとの関連を詳しく説明していきます。

セルフイメージ(思い込み)に関してはかなりわかりやすく別の記事でまとめているのでさらに詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

自信がないと思い込んでいるのは自分

まず、「自信がない」と思い込んでいるのは自分だと知りましょう。

大切なのは自分に矢印を向けて、自分と向き合うことです。

自信がないという感情の裏側には先ほど解説した原因が隠れています。

そういった感情の裏側と向き合っていくことで自分のセルフイメージに気付くことができます。

今のあなたの現在を形成するのは、過去のあなたの選択です。

つまり、今の自分の結果を選んでいるとも言えます。

矢印を自分に向けていきましょう。

人はセルフイメージ通りの人生を送ってしまう

人はセルフイメージ通りの人生を送ってしまいます。

例えば、「自信がない」ということを例にしてみます。

次の手順に従って、頭の中でなるべく鮮明にイメージしてみて下さい。

  1. 達成したい目標や夢を思い浮かべる
  2. 自分に自信がないと思っている
  3. 「自分に自信がない」とこの先も思い続けるとする
  4. 自分の未来はどんなものになるか?

どうでしょうか?

この先も「自分に自信がない」と思い続けたらあなたの未来はどんなものになりましたか?

どんな未来をイメージしたかは人それぞれですが、セルフイメージが人に与える影響を少しでも感じてもらえたと思います。

「自信がない」と思っている原因を特定することが大切

自信がないと思っている原因について解説してきましたが、この記事でお伝えした3つの原因も一例に過ぎません。

なぜなら、人の数だけセルフイメージがあるからです。

強いて言えば、あなたの正解はあなたしか持っていないのです。

外には正解は落ちていません。すでにあなたの中にあり、ただそれに気付いていないだけ。

だからこそ、自分に矢印を向けることが大切なのです。

この記事を読むことで、「自分に矢印を向ける大切さ」に気付いていただけたら幸いです。

「自信がない」という感情について下記の記事で順序立てて解説しているので、合わせて読むのがベストです。