他人と競うことをやめたとき“本物の自信”が手に入る

2021年3月13日

他人と競うことをやめた時本当の自信が手に入る

皆さんは誰かと常に他人と比べ、競い合っていませんか?

スポーツメンタルコーチとして活動している私はこの当サイトや各種SNS
「結果にふさわしいメンタルをデザインする」をコンセプトに情報を日々発信しています^^

他人と競うことをやめることで本物の自信が手に入る

周りはできてるのにどうして自分はできないんだ…

そんな風に感じた経験は少なからずあるかと思います。

どうしてあいつだけ…。
あいつにもできたんだから、自分にもできるはずなのに…
競争意識を持ち、周りと競っては比較し、そして上手くいかない…。

そして最終的には「どんどん自分に自信がなくなっていく…」

そんな負のループを抜け出し自信を身に付けるために、
今回は「他人と競うことをやめたとき“本物の自信”が手に入る」という内容になっています。

他人と競うことで手に入るのは過信や慢心

結論から伝えると、

他人と競うことで得られるのは「過信や慢心」です。

エイムズの実験結果

確かに、他人との競争によってやる気が引き出されることもあるでしょう。

しかし、それは「他人に認められたい」というモチベーションからくるものです。

他人に認められたいと思い続けたら、頑張った先はどうなると思いますか?

そして問題はそれだけではなく、競争による勝敗が出た後がポイントです。

  • 競争に勝った場合
    「自分はできる人間だから」
    「自分は運に恵まれている」
    →このように結論づけやすい

運や素質の問題は、自分のコントロールが及ばない領域です。

つまり、自分の努力してきた過程ではなく「出した結果に自信がにつく」ことになります。

結果に自信がつくことで生まれるものは「見栄」や「プライド」です。

  • できない自分を認められず失敗を避ける
  • 失敗を避けるので新しいチャレンジが生まれない

このようなデメリットがあります。

こうなってしまうと逆に自分のパフォーマンスを落としていく可能性すらあります。

競争し、比べるべきは「過去の自分」

本物の自信を手に入れたいのなら、

競争し、比べるべきは「過去の自分」です。

先ほど紹介した実験結果からもわかるように、

他人との競争をしなかったグループは自分の努力と結びつける傾向がありました。

  • 自分の努力の問題
    →自分がコントロールできる領域
  • 自分の努力次第で結果が変わるとすると?
    →結果よりも過程を重視しやすくなる

つまり、「自分が努力してきた過程に自信がつく」ということ。

努力の過程に自信がつくことで生まれるのは「成長」「意欲」です。

成長や意欲が身に付いたら、みなさんのパフォーマンスはどう変化するでしょうか?

他人ではなく自分と競うことで本物の自信が手に入る

本物の自信をつけるテリーブラッドショーの名言

自信とは、「自分を信じる」と書いて自信です。

  • 自分を信じられるだけの過程を積み重ねてきたか?
  • “過去の自分”を自らの努力で乗り越えてきたか?

そういったものが「本物の自信」に繋がっていきます。

最後にある言葉をご紹介して終わりたいと思います。

すぐに思うようにいかなくても諦めずに、黙々と技を磨け。

自分を律することが出来るようになれば、驚くほど自信がついてくるものだ

これは、アメリカのプロリーグNFLで活躍後、
殿堂入りを果たしチームの黄金時代を築いた名QBである

テリー・ブラッドショーの言葉です。

黙々と技を磨き、自分を律することができたら

皆さんにどんな素晴らしい変化があるでしょうか?

ぜひ考えてみて下さい!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました^^