言葉のニュアンスを大切にする理由

言葉のニュアンスを大切にする理由を解説

皆さんは「言葉のニュアンス」まで意識してコミュニケーションを取れていますか?

スポーツメンタルコーチとして活動している私はこの当サイトや各種SNS
「結果にふさわしいメンタルをデザインする」をコンセプトに情報を日々発信しています^^

言葉のニュアンス次第でコミュニケーションの質が変わる

もっとコミュニケーションを円滑にしたい!質の高いコミュニケーションをしたい!

こういった選手やチームを実際に見てきました。

その中で感じることは「言葉のニュアンス」を大切にできているかどうか。

●言葉のニュアンスとは
ニュアンスとは:表面的な意味以外の、情緒的な意味や細かな意味
=言葉のニュアンスとは、言葉の意味だけでない情緒的な細やかな意味というもの

すごく簡単にすると「表現の微妙な違い」というところに落ち着きます。

意味通り、この細かい部分を大切にできるかどうかで、コミュニケーション、ひいては人間関係に良くも悪くも変化を与えていきます。

今回はその理由についてお話していきます^^

一文字の違いが全く違う印象を与える

皆さんが毎日当たり前に使っている「言葉」

これは一文字の違いで、全く違う印象を与えてしまうものでもあります。

  • これがいい
  • これでいい

仮に皆さんが、重要なミーティングで真剣に考えた内容を提案した時に、どちらの方がポジティブな気持ちでいられそうでしょうか?

おそらくほとんどの方が前者だと思います。

一文字しか違わないのに、言葉の印象が全く違います。

印象が変わることで、相手への伝わり方も変わります。

それがコミュニケーションの質・人間関係にも必ず影響してきます。

だからこそ、言葉のニュアンスが大切なのです。

小さな配慮の積み重ねが大きな信頼を生み出す

ここで皆さんに質問です。

小さな変化を起こせないのに大きな変化を起こせるでしょうか?

おそらく、厳しいでしょう。

小さな変化の連続が大きな変化に繋がっています。

だからこそ、小さな配慮の積み重ねが大きな信頼を生み出します。

小さな配慮とは、つまり「言葉のニュアンス」になります。

  • これ「が」いい
  • これ「で」いい

この一文字の配慮すらできないのに、相手と質の高いコミュニケーションを取れるでしょうか?

だからこそ、「言葉のニュアンス」が重要なのです。

小さな、微妙な意味合いまで配慮することの積み重ねの先に、質の高い効率的なコミュニケーションがあります。

言葉のニュアンスを大切にすることで伝え方が変わる

最後にある言葉をご紹介して終わりたいと思います。

神は細部に宿る

これは有名なドイツの建築家であるミース・ファンデル・ローエが好んで使っていた言葉です。

  • 細かな部分にも配慮ができる
  • その細かな配慮の積み重ねが大きな信頼を生む

このように考え行動できたとしたら、皆さんにどんな素晴らしい変化があるでしょうか?

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました^^