「最高のメンタル」で試合に臨む心の準備とは

「最高のメンタル」で試合に臨む心の準備とは

自分自身の「試合前の最高のメンタル状態」を把握していますか?

自分の「試合の最高のメンタル状態」を把握する

最高のメンタルで試合に挑みたい!

そう思って試合に臨もうとしても

「試合前になるといつも通りじゃなくなる…」という悩みは、本当に多くのアスリートから相談されます。

私がいろんなアスリートと話をする中で

「最高のメンタル状態で試合に挑みたい!」と思いつつも

  • 自分にとって「最高のメンタル状態」とは何か
  • その状態とは、具体的にどんな自分なのか?

ここまで理解しているアスリートは本当にごくわずかです。

自分自身で「具体的な最高のメンタル状態」を理解していないのに

そのメンタル状態を再現できるでしょうか?

おそらく無理ですよね…。

理解していないものは再現できません。

知らないもの、理解していないものは再現できない

だからこそ、自分自身の「最高のメンタル状態」を理解したいんです。

もしその状態を理解できたら、試合前までにどんな素晴らしい準備ができるでしょうか?

そこで今回は、私が実際にアスリートとのメンタルコーチングで行っている内容を少しだけご紹介したいと思います。

「最高のメンタル」で試合に臨む心の準備とはについて綴ります。

自分が実力発揮できるシチュエーションを具体化する

皆さんに質問です。

「試合前にどんなメンタルでいれば、試合で実力発揮できますか?」

これは人それぞれ、答えが違ってくると思います。

それこそ100人いれば、100通りの答えがあります。

だからこそ、これまでの競技人生を振り返ってみた時

  • 絶好調でパフォーマンスを発揮した時は
  • どんな試合状況で
  • どんな心理状態で
  • どんな体調で

発揮することが出来たのか?

という4つのポイントに分けて、過去の経験を振り返ることが非常に大切です。

ここから「最高のパフォーマンスを発揮するための共通点」を洗い出していきます。

この作業を事前にやっておくことで試合当日に「最高に近い状態」を再現することが出来ます。

コントロールできることだけに意識を向ける

過去の最高のパフォーマンスを振り返り共通点を洗い出すことで「最高の状態」を準備することができる

ということをお伝えしました。

さらにもう1点ポイントがあります。

それが「コントロールできることだけに意識を向ける」ということです。

自分でコントロールできるものとそうでないもの

  • 天候
  • 相手のミス

この2つはどう頑張っても自分ではコントロール出来ない部分です。

コントロール出来ないものに振り回されないためにも

自分自身でコントロールできることを事前にしっかり準備しておくことが重要です。

なので「最高のパフォーマンスの共通点」の中から、“コントロール出来ないこと”は取り除くことをおすすめしてます。

試合で力を発揮する「最高のメンタル」は選手の数だけ正解がある

私は「年間で150名以上のアスリート」の話を聞く機会があります。

その中で強く感じることは

アスリートは、“物事を極端に捉えやすい”ということです。

  • ポジティブ=良いもの
  • ネガティブ=悪いもの

本当にそう言い切れるでしょうか?

ポジティブで力を発揮する人がいるように、ネガティブで力を発揮する人もいます。

悲観的になりすぎて、いつも通りに出来ない人がいるように

楽観的すぎて慢心し、ミスを繰り返す人もいます。

結局、100人いれば100通りの正解があるように

アスリートの数だけ「最高のメンタル」の定義があります。

だからこそ大切なのは、自分が「力を発揮できる状態」を知ること。

  • 自信がある=最高のメンタル?
  • モチベーションが高い=最高のメンタル?

生まれも育ちも違うのが人間だからこそ

「自信」や「モチベーション」という言葉の意味も人それぞれ違います。

そんな表面的なものではなく、本質的に自分に合った状態を見つけ、実践することが大切です。

そのために「自分を知ること/自分の理解を深めること」

というのが本当に重要になってきます。

自分では気付けない、無意識の領域まで

自己理解を深めるためにスポーツメンタルコーチがいます。

一般化したものではなく、自分に合った方法で努力していけるアスリートが増えていってほしいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^