【プレッシャーは悪じゃない】試合のプレッシャーとの付き合い方

【プレッシャーは悪くない】試合のプレッシャーと付き合う方法

「プレッシャーに弱くていつも通りのパフォーマンスを出せない…プレッシャーに弱い自分を変えたい…」そんな思いを抱えてませんか?

試合へのプレッシャーは捉え方次第でパフォーマンスを引き出す

いつもプレッシャーに弱くて試合で力を出しきれない…プレッシャーを感じなくなったいいのに…

本気で競技と向き合ってるからこそ、「試合へのプレッシャー」について悩むことがあると思います。

実際に私がサポートしている選手でも

「プレッシャーがかかる場面でどうしても思うようにプレーできなくなる…」

そんな悩みを抱えている選手がいました。

プレッシャーについて悩みを抱えている選手ほど

  • 本番でいつも通りの力を出しきれない
  • 試合でミスをしたらどうしよう…
  • プレッシャーを感じてしまうと上手くいく気がしない…

具体的に掘り下げてみると、こういった気持ちを抱えていることが多いです。

では、どうして同じ舞台で戦うアスリートでも

  • プレッシャーの中で活躍できる選手
  • プレッシャーの中で力を出し切れない選手

ここまで変わってくるのでしょうか?

実はそれが「プレッシャーをどう捉えているか」の違いなんです。

私自身、現役時代にプレッシャーに押し潰され、自分のミスで試合に負けた経験があります。

そんな過去を持つ私ですが、現在ではプロスポーツメンタルコーチとして様々な競技のアスリートを支える中で分かってきたことがあります。

そこで今回は、「試合のプレッシャーの捉え方と付き合う方法」について綴ります。

本質的な問題は「プレッシャーを感じること」ではない

多くのアスリートがプレッシャーを感じることに対して悪いイメージを持っています。

言い換えれば、「プレッシャーがかかる場面では力を発揮できない」と思っています。

だからこそ、多くのアスリートの認識では「プレッシャー=悪いもの」という捉え方です。

しかし、本当に“プレッシャーを感じることが問題”なのでしょうか?

  • 「プレッシャーを感じてしまうこと」
  • 「プレッシャーによって力が発揮できないこと」

皆さんの「本当の悩み」はどちらですか?

というのも、先ほども伝えたように多くのアスリートは

「プレッシャーがかかるといつも通りにプレーできない…」

このような思い込みを持っていることが多いです。

では、もし仮に“プレッシャーを感じていたとしても”

いつも通りの力を発揮できるとしたらどうですか?

おそらく「プレッシャーについて悩まない」ですよね。

プレッシャーを感じるのは本質的な悩みではない

だからこそ、プレッシャーそのものが悪いのではなく

「プレッシャーに対する捉え方の問題」なんです。

プレッシャーを力に変える「逆U字仮説」

プレッシャーそのものが悪いのではなく、あくまでプレッシャーへの捉え方に問題があり、それがパフォーマンスに影響を与えているということ!

ということをお伝えしてきました。

さらに、実はプレッシャーは使い方によっては「能力を引き出す」ことにも繋がるんです。

プレッシャーを力に変える「逆U字仮説」

  • ゾーン
  • フロー

こういったものが適度なプレッシャー(緊張とリラックスのバランス)によって生み出される理想の心理状態です。

スポーツメンタルコーチとして実際に現場でアスリートを支えているからこそ強く感じることがあります。

それが「心と体は強く結びついている」ということです。

プレッシャーによって体がガチガチになるのも力は発揮できないし、

緊張感が無さすぎて心ここに在らず状態でも力は発揮できない。

つまり、適度なプレッシャー(緊張感)こそがパフォーマンスを最大限に引き出すということなんです。

だからこそ、改めて「プレッシャーは悪いものではない」のです。

大切なのは「プレッシャーへの捉え方(思い込み)」なんです。

試合のプレッシャーと上手く付き合うには「自己理解」が重要

  • 自分がどんな時にプレッシャーを感じるのか?
  • どんな状況ならいつも通りにできるのか?

そういった「自分への理解度を高める」ことがすごく大切です。

知らない・わからないことに対策はできません。

自分を深く知るからこそ、問題に対して対処していけます。

それでは、最後にある言葉をご紹介して終わりたいと思います。

プレッシャーがかかればかかるほど、自分は力を発揮できる

これは、ワールドカップに3大会連続で出場しており、

日本代表としても史上2番目に多い136試合に出場している「長友佑都 選手」の言葉です。

  • プレッシャー=力を引き出してくれるもの
  • プレッシャーがあるから力を発揮できる

心の底からこのように思えたら、どんな素晴らしい変化があるでしょうか?

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました^^