弱いメンタルを改善する「今日から」変わるための5つのワークを紹介

2019年4月18日

弱いメンタルを改善するために今からできる5つのこと

僕はメンタルが弱いんです…弱いメンタルを改善するにはどうすればいいんだろう…?

こんな疑問を解決に導いていきます。

「弱いメンタルを改善したい」

落ち込んでしまう自分、折れやすい自分、そんな弱いメンタルは改善したいですよね…。

僕自身、過去にいじめられた経験のせいか中学生までは少しの失敗でとても落ち込んだり、難しそうなことには挑戦したがらないという典型的なメンタルの弱い少年でした。

この記事では、そんな弱いメンタルを改善するために「今から」できる5つのコトをご紹介していきます。

本業がメンタルコーチの僕はこのサイトやTwitter(@senaka_push)でも
「栄養×運動×メンタルでQOLを高める」をテーマに情報を日々発信しています。

メンタルが弱い自分を少しでも改善したい…!

こんな風に思っていたら、ぜひ最後までご覧くださいm(_ _)m

お手元に、

  • メモ用紙などの紙
  • 鉛筆またはペンなどの書くもの
  • スマホのメモ帳アプリ

などを用意して内容に沿って書き出しながら読み進めるとさらに自分への理解が深まるのでおすすめです。

弱いメンタルを改善するために今からできる5つのコト

結論から言うと、この記事で具体的に伝えたいことは下記の流れです。

  1. 自分自身を見つめ直す
  2. 言葉の定義を考える
  3. 自分自身を知る
  4. 自分自身を受け入れる
  5. 未来の自分を描く

この順番通りに進行していきます。

各項目、自分の感情に対して素直になって考えることで効果をより発揮するので、生まれたての赤ちゃんのような純粋さで自分に問いかけていきましょう。

それでは、詳しく解説していきます。

自分自身を見つめ直す

ステップ1は、自分自身を見つめ直すということです。

まずは自分を見つめ直すところから始めていきます。

それでは、1つ目のワークとして…

弱いメンタルを改善するために自分を見つめ直すワーク

このワークを行なっていきます。

このワークを通じて、「自分がどんな部分に弱さを抱いてるか」ということを明確にすることができます。

また、人はネガティブに引っ張られやすいので自分の弱さをポジティブに言い換えてみることも重要です。

言い換えるコツに関しては下記の記事に詳しくまとめてあるので、興味がある方は合わせてご覧下さい。

言葉の定義を考える

ステップ2は、言葉の定義を考えるということです。

言葉の意味合いは、その言葉を「どう定義するか」で様々な意味を持ちます。

つまり…

  • 〜ができない=メンタルが弱い
  • 〜になってしまう=メンタルが弱い

このように、自分の性格や行動に対して「メンタルが弱い」と定義しているのはあなた自身ということです。

ではここで2つ目のワークを行なっていきましょう。

弱いメンタルを改善するために言葉の定義を考えるワーク

このワークをやることで、あなた自身がいかに「メンタルが弱い」と自分自身に言い聞かせようとしていたかがわかります。

とても極端なことを言うと、「〜ができないことでメンタルが弱い自分を演じてしまっている」とも言えますね。

言葉への定義付けは自分で行うものであり、そこには本人の思考のクセが大きく影響されます。

客観的に自分を見ることで、よりフラットな判断ができるようになります。

自分自身を知る

ステップ3は、自分自身を知るです。

とても意外な事実なのですが、他人より自分のことを理解しているに決まっているというのはウソです。

案外、自分のことを理解していない人は結構います。

だからこそ、まずは自分を知るところから始めましょう。

弱いメンタルを改善するために自分自身を知るワーク

このワークを行うことで…

  • 自覚していた自分の強み・得意なこと
  • 無自覚だったけど今気づいた自分の好きなこと

これらを掘り出し、整理することができます。

まずは、己を知ることが重要です。

自分自身を受け入れる

ステップ4は、自分自身を受け入れるということです。

ここでいう「受け入れる」とは…

  • 「今の自分でいいんだよ!大丈夫!」(×)
  • 「こんな弱い僕を含め、自分です。」(○)

という意味です。

決して、ポジティブになれという意味ではありません。

それでは4つ目のワークを行なっていきます。

弱いメンタルを改善するために自分自身を受け入れるワーク

否定する必要も肯定することもせず、ただ今存在するあるがままの自分を認め、「自分を応援しよう」という気持ちになることが大切です。

未来の自分を描く

最後にステップ5は、未来の自分を描くということです。

そのままの意味で、あなたの思い描く未来をより具体的により鮮明にイメージしていきます。

それでは5つ目のワークを行なっていきましょう。

弱いメンタルを改善するために未来の自分を描くワーク

このワークを行うことで、あなたが掲げる目標を達成した自分をできるだけ具体的にイメージすることができます。

かの有名な「ウォルト・ディズニー」の言葉でも…

「夢見ることができれば、それは実現できる」

このようなものがあるように、イメージできるのであればそれは現実にできるということ。

必然的にそれがより鮮明に、より具体的になればなるほど実現する確率はどんどん高まるということです。

「弱いメンタルを改善したい」という気持ちが最初の一歩

上記でお伝えした5つのステップを踏むことで、あなたが「弱いと思っている自分のメンタル」と向き合うことができます。

そして何より、「変わりたい」というあなた自身の素直な気持ちが変わるための最初の一歩となります。

この記事を読んだことによって、「自分の弱さから気付きを得るキッカケ」になってくれたら嬉しいです。

その他、ご質問などのお問い合わせはトップページの〈お問い合わせ〉もしくはTwitterのメッセージから受け付けています。

また、「メンタルが弱い」という感情についてわかりやすく順序立てて解説したまとめ記事があるので、合わせて読むのがベストです。

メンタルが弱い自分を変えたいけど、どうすればいいかわからない…

という方はぜひおすすめです。