【圧倒的機会損失】チャンスを逃してしまう人の4つの特徴

【圧倒的機会損失】チャンスを逃してしまう人の4つの特徴

いつもチャンスを逃してしまう…どうしてチャンスを逃してしまうの…

こんな疑問を解決に導いていきます。

「チャンスを逃す」

あなたも人生で一度くらいはチャンスを逃してしまった経験があると思います。

かくいう僕も過去を振り返れば、いろんなチャンスを棒に振ってきました。

そこで今回は、そんな僕だからこそ気付いた「チャンスを逃してしまう人の4つの特徴」を解説していきます。

本業がメンタルコーチの僕はこのサイトやTwitter(@senaka_push)でも
「栄養×運動×メンタルでQOLを高める」をテーマに情報を日々発信しています。

チャンスを逃す人の特徴を知ることでチャンスを掴めるようになりたい…!

少しでもこのように思っていたら、ぜひ最後までお付き合い下さいm(__)m

チャンスを逃してしまう人の4つの特徴

チャンスを逃す人の4つの特徴を解説

結論から伝えると、チャンスを逃してしまう人の特徴はこちらの4つ。

  1. 次があると考えてしまう
  2. 「今はまだだ」と考えてしまう
  3. 「仕方がない」が口癖
  4. 準備を大切にできない

もしこの中から一つでも当てはまっていて、チャンスを逃したことがあるとしたら、修正することをおすすめします。

それでは具体的に一つずつ解説していきます。

次があると考えてしまう

「次がある」と強く考えてしまう場合、チャンスを逃しやすいです。

僕は、過去の記事で、チャンスは日常に転がっていて、みんなそれに気付いていないだけ

このように伝えています。

確かにチャンスは日常に転がっていますが、「同じチャンス」はほぼ無いに等しいです。

  • 全く同じ状況で
  • 全く同じチャンス

この状況ってほぼあり得ないですよね。

だからこそ、全く同じチャンスに次は無いんです。

そう考えると、「チャンス」に対してどのように考えることができますか?

「今はまだだ」と考えてしまう

「今はまだだ」と考えがちな人はチャンスを逃しやすいです。

確かに…

  • 自分のスキルが追い付いていない
  • 自信が持てない

このような状態だと「まだ早いかな」と考えがちですよね。

では、あなたに質問です。

「今はまだ」と思ってしまう人へのワーク

自分にはまだ早い…今はまだ…

このように言う人ほど、しっかり道筋を立てるために考えることをしていないことが多いです。

考えることすらせず「今はまだだ」と思い続けたら、あなたの未来はどんなものになるでしょうか?

「仕方がない」が口癖

「仕方がない」が口癖の人はチャンスを逃しやすいです。

確かに自分ではどうしようもなく、仕方がないことはあります。

しかし…

  • どうしてそうなったのか?
  • そうならないために今後何が必要か?
  • そのために今できることは何か?

ここまで考えて、初めて「仕方がない」と言えます。

ただ考えることをやめ、「仕方がない」の一言で片付けるのはとても簡単です。

しかしそれでは成長はないですし、チャンスを掴むことはできません。

「仕方がない」と言うのは、できることを全てやり尽くしてからでも遅くはないはずです。

準備を大切にできない

準備を大切にできない人は、チャンスを逃しやすいです。

そもそも、あなたがチャンスを掴みたいのはどうしてですか?

おそらく、「結果を出したい」からですよね。

例えば…

チャンスを得るにふさわしい準備ができているか

この選手は求める結果にふさわしい準備ができているでしょうか?

本当にやり尽くしたといえるでしょうか?

準備を大切にできない人は、目先の結果に囚われてしまっています。

つまり、求める結果につながるチャンスを見つけることができないのです。

チャンスを逃さないためには「考え方」から変えよう

チャンスを逃さず自分のものにするために必要な考え方を解説

これまで、「チャンスを逃してしまう人の特徴」を解説してきました。

じゃあ、どうすればチャンスを逃さず自分のモノにできるの?

そのために大切なのは「考え方」から変えること。

チャンスを掴むために、今の自分の考え方を0から作り直す覚悟を持っている人は強いです。

「今」を大切にしよう

チャンスをどうしても掴みたい…

そう強く思うからこそ、「今」を大切にしていきましょう。

「今、この瞬間」を大切にすることで自分が今やるべきことに集中することができます。

チャンスを掴みたいと思うあまり、未来に意識が行きがちです。

そんなときこそ目の前のことに集中することで、日常に転がるチャンスを見つけることができます。

走りながら考えてみる

念入りに計画を立てることは大切なことです。

しかし、時には走り出してから考えることも必要です。

  1. まずやってみる
  2. やりながら、軌道修正していく
  3. 経験と感覚を掴んでいく

なかなか行動できない人ほど、このようにやりながら考えることでチャンスを掴むための自信と経験を養うことができます。

行動になかなか移せないという方にはおすすめです。

「準備の質」が結果の質

あなたの目の前の結果は、今までのあなたの選択の連続によって作られたものです。

  • Aという選択をした結果、Aという結果に。
  • Bという選択をした結果、Bという結果に。

だからこそ、求める結果を得るために準備の質にこだわっていくことが大切です。

チャンスを逃さないメンタルが求める結果を引き寄せる

チャンスを逃さないメンタルが結果を引き寄せる

チャンスを逃さないメンタルを身につけることで、求める結果を引き寄せることができます。

だからこそ、日常からチャンスを見つける力が必要ですしチャンスを掴むにふさわしいメンタルを養うことが重要です。

この記事を読んだことで「チャンスを掴むための考え方の重要性」について考えるキッカケになれば幸いです。