「考えすぎてしまうアスリート」がいつも通りプレーできない理由

考えすぎてしまうアスリートがいつも通りプレーできない理由を解説

試合や重要な場面で、「考えすぎてしまって上手くいかない」という悩みを抱えてませんか?

「考えすぎ」の原因は「意識と無意識」のバランスの崩れ

考えすぎてしまって、いつも通りプレーできなくなる…

こういった悩みを抱えているアスリートは本当に多いです。

私がいろんなアスリートと話をする中でも

  • いつも考えすぎてしまう…
  • 考えすぎてしまって普段通りにできない…

そんな相談を多くのアスリートから受けます。

考えすぎてしまうせいで、いつも通りにプレーできない…。

いつもどうやってプレーしていたかを考えてみるけど上手くいかない…。

本当に自分ではどうしたらいいか、分からなくなってしまいますよね。

私自身、現役時代に「考えすぎ」によってすごく苦しんだ経験があります。

  • 考えないように意識すればするほど考えてしまう…
  • 自分で抜け出し方が分からない…

その結果、いつも通りプレーができず自分のミスが試合を決めてしまった経験があります。

だからこそ、現在スポーツメンタルコーチとして様々な競技のアスリートを見る中でわかってきたことがあります。

実は「考えすぎ」の原因は「意識と無意識」のバランスの崩れによって起きているんです。

そこで今回は、「考えすぎてしまうアスリート」がいつも通りプレーできない理由について綴ります。

人の行動はほとんどが無意識によって制御されている

まず前提として、人の行動はほとんどが「無意識」によって制御されています。

意識と無意識の関係性を説明

皆さんは食事をするとき

お箸を持つときはここの筋肉がこう動くことで、手がこのように動くから、食べ物が口まで運べる。

このように、自分の体の動きを細かく考えていますか?

もちろん考えていないですよね。笑

つまり、人の動作のほとんどが「無意識」によって制御されているんです。

そしてアスリートを悩ませる「考えすぎ」とは

無意識ではなく「意識の領域」を使いすぎることによって起きてしまうんです。

「考えすぎ」とは意識の領域を使いすぎている状態である

いつも当たり前に「考えなくてもできること」を改めて考えて行うことで

体の動きがぎこちなくなってしまうんです。

考えすぎを改善するには「イメージの持ち方」が重要

先ほどの「食事の時のお箸の使い方」の事例からお伝えしたように

考えすぎてしまうのは「意識の領域の使いすぎ」が問題だとお伝えしました。

  • どうすれば「意識の使いすぎ」を抑えられるのか?
  • どうしたら「考えすぎ」が改善されるのか?

そこで重要になるのが「イメージの持ち方」なんです。

スポーツメンタルコーチとして「年間150名以上」のアスリートと接する中で

「本番での正しいイメージの持ち方」ができていないアスリートが圧倒的に多いです。

今回は特別に、「考えすぎ」を改善するイメージの持ち方を紹介します。

考えすぎを改善する「イメージの持ち方」を解説

考えすぎを改善する「イメージの持ち方」とは

内的な身体感覚よりも、“目標や対象物など外的なものに注意を向ける”というものです。

野球のピッチャーで例えるなら、投げるフォームの感覚や、指先の感覚よりも

キャッチャーのミットや、バッターの位置などに注意を向けるようなイメージです。

投げるフォームや指先の感覚などは内的な感覚

キャッチャーやバッターの位置などは外的な感覚

外的なものに注意を向けることで「考えない状態」を作ることができます。

💡ここでいう「考えない状態」とは
人間の体の仕組みで言えば「反射」
熱いものを触れた瞬間、「手を離さなきゃ!」と考えなくても手が離れる現象と同じ。

つまり、脳での情報処理をショートカットできるんです。

「考えすぎなアスリート」ほど、内的なものに注意を向けてしまいがちです。

練習では細かく意識せずともできるのに、

  • 今後を左右する大事な試合
  • 勝敗に影響する重要な場面

このような特殊な環境になると

「普段気にしないこと・考えてないこと」を意識してしまってませんか?

練習と本番のギャップは「イメージの持ち方」にすら影響するということなんです。

まずは「考えすぎている自分」に気付き、受け入れることが第一歩

ここまで考えすぎの原因や、考えすぎを改善するイメージの持ち方などをお伝えしてきました。

しかし、結局は「考えすぎている自分」に気付けなければ意味がないんです…。

そんな自分を「受け入れる心」がなければ、たとえ知識があったとしても最大限活用されません。

だからこそ大切なのは、「自分を知り、受け入れること」

  • 自分を知るから気付ける
  • 受け入れるから変わっていく

そんな自分にもしなれたら、いかがですか?

自分では気付けない、無意識の領域まで

自己理解を深めるためにスポーツメンタルコーチがいます。

一般化したものではなく、自分に合った方法で努力していけるアスリートが増えていってほしいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^