【運も実力のうち】運が良い人の3つの共通点”運はマネジメントできる”

2019年2月8日

運も実力のうち 運はマネジメントできる 運が良い人 共通点

あいつ本当、運がいいよな〜僕も運が良くなりたいな〜。何か良い方法ないかな?

こんな疑問に答えます。

💡この記事の内容☟

  • “運”とは一体どういうものか
  • “運がいい人”の3つの共通点

「運も実力のうち」

なんて言葉がありますよね。

僕もつい半年前までは…

ただラッキーなだけじゃん!たまたまでしょ。

こんな風に思っていました。

しかし背中押し屋として活動する中で気付いたことがあります。

「”運”というものは、偶然じゃなくて必然ということ」

つまり、偶然ではないということは

「”運”はマネジメントできる」

ということなんです。

この記事を読むことで、あなたの思っている”運”への価値観がガラリと変わります。

そして自らの”運”を高めていくことができるでしょう。

運も実力のうちであり、起こるべくして起こった結果

運も実力のうち 運 起こるべくして起きる 結果の一つ

“運”=ラッキー、偶然。

こんなイメージがあるかもしれません。

しかし”運”とは起こるべくして起きた”結果”の一つでしかありません。

そもそも”運”とはその場で起きた結果であり、思っても見なかった結果や状況が生まれることなのです。

これを踏まえた上で”運”が良い人はどんな人なのかを説明していきます。

「運も実力のうち」だとよく言う人の3つの共通点

運も実力のうち 運が良い人 3つの共通点

あなたの周りにいる”運”が良い人はどんな人でしょうか?

僕は背中押し屋として活動する中である共通点を見つけました。

それをわかりやすく順を追って説明していきます。

自分のやりたいことにすぐさま飛び付いていく行動力

これやりたい!今やってみよう!

やりたいと思った瞬間、手を付けられる行動力がある人は”運”を味方に付けやすいです。

興味があることへのモチベーションというのは、指示されてやることより圧倒的に高いですよね?

そしてそのモチベーションは思い立った時が一番高いです。

「鉄は熱いうちに打て」ってやつです。

だからこそ、応援してくれる人が増えたり協力してくれる人が増えていきます。

自己効力感が高く「自分ならできるかも!」と思っている

あれ?これ、もしかしたらできるかもしれないぞ…?(ワクワク

このように考えることができる人は早い段階で行動に移すことができます。

なぜなら、「自分ならできるかも」と思っているので積極的にチャレンジしていきます。

失敗やこの先の不安などを考えるより前に「できるかもしれない」という自分の気持ちを優先していきます。

自分に正直になることがプラスになると信じている

自分に正直でいることが自分にとってプラスになるんだ!

このように信じている人は「自分ならできるかもしれない」と思うことができます。

そのセルフイメージは…

  • 幼少期の記憶・経験
  • 環境(家庭環境や学校、スポーツチームなど)
  • 過去の成功体験

などがキッカケで形成されます。

“運も実力のうち”それもあなたの実力

運も実力のうち 運 実力

運がいい人の共通点を理解できましたね。

冒頭部分でもお伝えしましたが、“運”は自らマネジメントできます。

偶然でもなんでもなく起こるべくして起きたものです。

「運が良い人」たちは無意識にそれをしています。

それでは実際に”運”をマネジメントするとはどういうことか分かりやすく説明していきます。

“運”は実力のうちである理由【思考と行動でマネジメントするための3つの要素】

運も実力のうち 運 マネジメントできる 3つの要素

“運”は思考と行動でマネジメントできる、ということですが、そこに必要な要素が3つあります。

これらを理解し、取り入れていくことで運をただのラッキーから実力にしていけます。

起きた結果(運)に相応しい行動

その結果(運)に対して相応しい行動をしていくことが大切です。

とても分かりやすく例をあげると…

他人から信頼される人は一体どんな行動を取ると思いますか?

  • 電車で席を譲る
  • 落ちてるゴミを拾う
  • 挨拶を欠かさない

などいろんな回答があると思います。

ある結果(運)に対し正解か不正解かではなく、相応しい行動とはどんな行動かを常に考えることが大切です。

起こした行動に相応しいメンタル

今度は、上記で説明したような行動に対して相応しいメンタルが必要になってきます。

なぜなら…

「自分さえ良ければなんでもいい」

と思っている人が他人に電車で席を譲れるでしょうか?

つまりはそういうことなのです。

部活を例に説明します。

よく「強いチームは掃除を徹底し道具を大切に扱っている」と言われます。

しかしこの言葉には少し誤解があります。

  • (×)掃除を徹底し道具を大切に扱っているからチームが強い
  • (○)掃除を徹底し道具を大切に扱えるメンタリティがあるからチームが強い

言葉としては微妙な違いですが、意味合いは大きく異なります。

道具を大切にしても強くなるわけじゃないです。

しかし道具を大切にできるメンタルがあると、どんな行動に繋がるでしょうか?

きっと毎日の練習時間を大切にできると思います。

そのような行動を取ると、一体どんな結果(運)を引き寄せるでしょうか?

持っているメンタルに相応しいセルフイメージ(思い込み)

行動とメンタルの根幹であるのがこのセルフイメージ(思い込み)です。

このセルフイメージを結果(運)に相応しいものか・そうでないものか、どちらを持っているかでメンタル・行動に大きく影響を与えます。

なので、まずは自分にどんなセルフイメージ(思い込み)があるのか向き合って考えてみることをオススメします。

まとめ

運も実力のうち 運はマネジメントできる 相応しい メンタル 手に入れる

“運”をマネジメントするとはつまり…

  1. “運”に相応しい行動をとろう
  2. “行動”に相応しいメンタルを持とう
  3. “メンタル”に相応しいセルフイメージ(思い込み)に気付こう

ってことです。

ざっくり言うと「そうならないとおかしいよね」という状況を作り出すことなんです。

それが自分の自信にも繋がるし、もし仮に結果に繋がらなくてもそのプロセスで得たものは必ず他の場面でも活きてきます。

この記事を読んだ後はぜひ

「あいつ運が良いよな〜」

なんて他人を羨む前に

「自分は運を引き寄せるだけのメンタル・行動をしているか」

今一度、自分自身に問いかけてみて下さい。

また、僕の活動や発信内容に少しでも

「ちょっと気になる!」
「もう少し話を聞いてみたい」

と思ってくれたらお気軽にお問い合わせ下さい!

こんなこともやってます☟無料体験コーチング 詳細はこちら

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!