ポジティブ+ネガティブ=自分自身

ポジティブとネガティブの両方があって自分自身である

皆さんは「自分の中にあるネガティブな考え」を否定していませんか?

ポジティブとネガティブが同居している状態こそ自然体の自分

もっとポジティブに考えなきゃ…ネガティブじゃダメだ…!

どうしても人はこのように考えてしまう事があります。

  • ポジティブ=良い
  • ネガティブ=悪い

白か黒か、0か100か、このように考えがちです。

しかし、ずっとポジティブな人がどれほどいるでしょうか?

ネガティブな感情が全くない人っているでしょうか?

だからこそ、ポジティブとネガティブの両方があっていいのです。

無理にポジティブになる必要はないですし、ネガティブな自分をなくす必要もありません。

裏と表が揃って初めて1枚のコインになるのと同じで、人の心もポジティブとネガティブが揃って自分になります。

そこで今回は「ポジティブ+ネガティブ=自分自身」という内容を綴ります。

ポジティブとネガティブの両方が揃って初めて一人の自分になる

まず、みなさんに質問です。

両面とも同じ絵柄の紙幣は存在しない、感情も同じ

おそらく誰も見た事がないと思いますし、そんな紙幣は存在しないですよね。

実は「人の心」も同じ事が言えるんです。

裏と表が揃って、初めて一枚になるように、

  • ポジティブだけを持っている人はいない
  • ネガティブしかない人もいない

こういった、どちらかだけを持っている人というのはいません。

ポジティブとネガティブの両方が揃って初めて、一人の自分になります。

ポジティブ心理学における感情の割合を解説

つまり、このことから分かるように

  • どんな人もポジティブとネガティブの両方を持ち合わせている
  • その比率が多いか少ないかの話

ということなんです。

ネガティブを否定することは「自分の半分」を否定するのと同じ

「ネガティブじゃダメだ…落ち込んでいる場合じゃない…

多くの人は「ネガティブな感情・ネガティブな自分」を否定しがちです。

しかし、先ほどもお伝えしたように「ネガティブも自分の一部」なんです。

自分のネガティブを否定することは、言い換えれば「自分の半分を否定するのと同じ」です。

「自分の半分」を否定し続けたら、どうなってしまうでしょうか?

だからこそ、そのためにできる簡単な方法として、「自分の感情を認める」というのをおすすめしています。

自分の感情を認める方法について解説

ポジティブな感情もネガティブな感情も、

「自分は今、そう思っているんだ」

というように一歩引いて感情を味わうことで、自分の感情をフラットに感じ取りやすくなります。

ネガティブもポジティブもどちらも自分自身である

最後にある言葉をご紹介して終わりたいと思います。

自分の弱さを認める。

これは、海外クラブでも活躍し、現在Jリーグ・FC東京でプレーしている「長友佑都さん」の言葉です。

  • 「ネガティブな考え」も認める
  • 「ネガティブな自分」も認める

心の底からこのように思うことができたら、どんな素晴らしい変化があるでしょうか?

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました^^

緊張や不安をなくし自信を高める方法について