【焦る必要はない】なりたいものが見つからないときの3つの対処法

2019年6月11日

なりたいものが見つからないときの対処法を解説

なりたいものが見つからない…どうすればなりたいものが見つかるんだろう…?

こんな悩みを解決に導いていきます。

「なりたいものが見つからない」

なりたいものが見つからないと、不安になったり焦ったりしますよね。

過去の僕もなりたいものなんて無かったし、あったとしても「なれない」と思い込んでいました。

そんな僕も自分が変わるキッカケになったメンタルコーチになることができました。

そこで今回は、

「なりたいこと・やりたいことが見つからないときの3つの対処法」を解説していきます。

本業がメンタルコーチの僕はこのサイトやTwitter(@senaka_push)でも
「栄養×運動×メンタルでQOLを高める」をテーマに情報を日々発信しています。

なりたいものを見つけて自分らしく充実したい…!

少しでもこのように思っていたら、ぜひ最後までお付き合い下さいm(__)m

なりたいものが見つからないときの3つの対処法

なりたいものが見つからないときの3つの対処法

結論から伝えると、なりたいものが見つからないときの対処法は下記の3つです。

  • なりたいものがあったとしたらどんな自分なのかを想像する
  • 日々の「羨ましいな」という感情を掘り下げる
  • 「なりたくないもの」から全力で遠ざかる

この3つの対処法で、自分のメンタルと向き合うことで「まだ気付いていない自分自身」に気付くことができます。

その結果、なりたい自分を見つけるキッカケにもなります。

それでは、詳しく説明していきます。

なりたいものがあったとしたらどんな自分なのかを想像する

1つ目の対処法は、「なりたいものがあったとしたらどんな自分なのか想像する」こと。

ここで一番大切なのは…

  • 何をやっているのかを想像する(×)
  • どんなメンタルを持っている自分なのかを想像する(○)

どんななりたいものを描いているのかを想像する必要はありません。

それが見つからないから困っているわけですよね?

だからこそ…

「もし、なりたいものがある自分だったらどんなメンタルを持っているだろう?」

と想像することが大切です。

なりたいものを既に見つけている自分をより具体的に想像することで、その自分になりきって行動できます。

それを繰り返すということは、「既になりたいものを見つけている自分」にどんどん近付いていくということ。

そうすることで、「なりたいもの」自体を引き寄せることができます。

日々の「羨ましいな」という感情を掘り下げる

2つ目の対処法は、「日々の『羨ましいな』という感情を掘り下げる」こと。

あなたはどんなときに…

羨ましいな〜…

と感じますか?

  • 忙しいながらも充実してる人を見たとき
  • 楽しそうに笑っている人を見たとき
  • お金をたくさん持っている人を見たとき

人によって答えは様々だと思います。

あなたの「羨ましいと思う気持ち」を掘り下げていくことで、「なりたいもの」になり得るキッカケを掴めます。

まずは自分の感情に向き合い、自分を知ることであなただけの答えに近付くことができます。

「なりたくないもの」から全力で遠ざかる

3つ目の対処法は、「『なりたくないもの』から全力で遠ざかる」こと。

では、あなたに質問です。

なりたくないものから遠ざかるためのワーク

人は得をするより、損をしたくないと考えるので、こちらの方がイメージしやすいかと思います。

今、イメージした2つのことから全力で遠ざかる方法を考えて行動していきましょう。

そうすることで…

  • 少なくとも絶対になりたくないものにはならない
  • 絶対になりたくないものから離れることで「なりたいもの」に出会えるかもしれない

現在、既になりたいもの・やりたいことがある人は別ですが、

本当になりたいもの・やりたいことがないと思っている人にはかなり効果的な方法です。

なりたいものがないということは「何者にもなれる」ということ

なりたいものが見つからないのは何者にもなれるということ

“なりたいものが見つからない=ダメなこと”

と捉えられがちですが、そんなことはありません。

なりたいものがないということは、これから次第で何者にもなれるということです。

下記では、上記で説明した「なりたいものが見つからないときの対処法」をさらに加速するためのワンポイントを紹介していきます。

仮定法を使いまくろう

人は無意識に…

自分にはどうせできない…

と考えてしまいがちです。

これは「思い込み」によって行動にブレーキがかかっている状態です。

そんなときに簡単にブレーキを緩める方法が「仮定法」です。

  • もし〜だったら?
  • 仮に〜だとしたら?
  • 〜できるとしたら?

自分の可能性へのブレーキを緩め、その先を考えることが大切です。

ちなみに“思い込み”に関しては、下記の記事で詳しく解説していますので合わせて読むのがオススメです。

「羨望のまなざし」からヒントを得るために感情に素直になる

「羨ましいな…」という感情を悪者にしてしまう人が結構います。

しかし、それは勘違いです。

感情に良い悪いはなく大切なのは、どうしてその感情を抱いたのかということ。

だからこそ、「羨ましい」という素直な自分の感情を受け入れ、どうしてそう思ったのか?

まずは、自分自身を素直に受け入れることが大切です。

絶対になりたくない自分をまず知ること

  • なりたいもの
  • やりたいこと

がどうしても見つからない場合の対処法は上記でも説明しましたね。

そのためにも「絶対になりたくない自分」をできるだけ明確に具体的にしておくことが必要になります。

だからこそ、自分自身を理解することが大切になっていきます。

「なりたいものがない」は成長の種

なりたいものがないのは成長の種

なりたいものもやりたいこともない…周りは見つかってて焦りや不安を感じる…

そんな風に思う気持ちは痛いほど分かります。

だからこそ、

今から自分次第で「何者にもなれる可能性を秘めてる」

と思って欲しい。

今の自分の結果を変えるために、行動を変える必要がある。

そして行動を変えるためにはメンタルが変わる必要があります。

この記事を読んだことで、「自分の可能性と向き合う大切さ」を知るキッカケになったら幸いです。